第22回髙瀬賞決定

第22回(2023年度)高瀬賞が決定し、結果が公表されました。この賞は短歌人会の会員1・2欄所属者の未発表新作15首を対象とした、結社内新人賞です。賞の名前は、1966年から1985年まで「短歌人」編集発行人を務め、2001年に他界した故・高瀬一誌氏の業績を記念してのものです。 例年通り「短歌人」1月号に応募用紙を綴じ込み、2月25日…

続きを読むread more

第49回短歌人評論・エッセイ賞決定

第49回(2023年度)短歌人評論・エッセイ賞が決定し、結果が公表されました。この賞は短歌人会の会員・同人(購読会員を除く)が執筆した評論およびエッセイを顕彰する、結社内の賞です。 応募部門は400字詰原稿用紙12枚の評論を公募し、今回のテーマは「『戦争という主題は風化したか』または自由」でした。応募部門へは締切日の3月31日までに5…

続きを読むread more

2023年短歌人夏季全国集会のご案内

短歌人夏季全国集会を4年ぶりに対面で開催いたします。奮ってご参加下さい。 日 時 8月27日 (日) 10時開始    (受付9時20分より。 9時45分までにご参集下さい)    髙瀬賞・評論エッセイ賞授賞式 10:00~10:50    歌会 10:50~17:30 会場 さいたま共済会館 601号室 〔JR浦和駅徒歩10分…

続きを読むread more

訃報/西王 燦さん

本会同人・元編集委員の西王燦(にしおう・あきら)さんが、2023(令和5)年3月18日に72歳でお亡くなりになられました。 西王さんは1977(昭和52)年に「短歌人」に入会。1979(昭和54)年に第24回短歌人新人賞(現・髙瀬賞)を、1981(昭和56)年に第26回短歌人賞を受賞されました。 1982(昭和57)年には「バードラ…

続きを読むread more

小池光歌集『サーベルと燕』が第38回詩歌文学館賞(短歌部門)を受賞しました

本会編集委員の小池光さんの第11歌集『サーベルと燕』(砂子屋書房刊)が、第38回詩歌文学館賞(短歌部門)を受賞することに決まりました。 本会所属者の同賞受賞は初で、小池光歌集『サーベルと燕』は現代短歌大賞との二冠となります。 小池さん、おめでとうございます!

続きを読むread more

訃報/有沢螢さん

本会同人の有沢螢さんが、2023(令和5)年1月9日に73歳でお亡くなりになられました。 有沢さんは2001(平成13)年に「短歌人」に入会。歌集は『朱を奪ふ』(日本歌人クラブ東京ブロック優良歌集賞)、『シジフォスの日日』 、『縦になる』など5冊。他に『現代短歌文庫123  有沢螢歌集』 があります。また、2011(平成23…

続きを読むread more

訃報/酒井佑子さん

本会同人の酒井佑子さんが、2022(令和4)年12月24日に86歳でお亡くなりになられました。 酒井さんは2001(平成10)年、「短歌人」に入会。歌集は2007(平成16)年に第3回葛原妙子賞を受賞した『矩形の空』(砂子屋書房)など3冊があります。 葬儀は12月28日(水)の正午から、東京都品川区大崎の観音寺会館で開催されます。 …

続きを読むread more

短歌人編集委員選挙結果報告

2022年11月に、3年に一度の短歌人編集委員選挙が実施されました。 選挙は12名連記の記名投票で、選挙定数は12です。 選挙権は同人1欄・同人2欄所属者全員にあり、総投票者数は198名、うち有効投票者数は196名でした。 開票の結果、宇田川寛之、小池 光、藤原龍一郎、今井千草、生沼義朗、内山晶太、 菊池孝彦、斎藤典子、加藤…

続きを読むread more

2023年短歌人新年歌会のご案内

新型コロナウイルス感染防止の観点から、 2023年短歌人新年歌会も対面での開催は見送らざるを得ないため、 今年はzoomによる新年歌会を実施いたします。 同様に、第68回短歌人賞の授賞式を執り行いますので、 多くの方のご参加をお待ち申し上げております。 日 時  2023年1月22日(日)13時開会(12時30分から入…

続きを読むread more

小池光さんの第45回現代短歌大賞受賞が決まりました!

昨年10月からの1年間に刊行された歌集歌書の中でもっともすぐれた著作に送られる、 一般社団法人現代歌人協会主催の第45回現代短歌大賞を本会編集委員の小池光さんが受賞することが決まりました。 受賞理由は、「第11歌集『サーベルと燕』(砂子屋書房刊)ならびに過去の全業績」です。本会所属者が同賞を受賞するのは、第37回(2014年)受賞の…

続きを読むread more